車載システム



近年の自動車は、エンターテインメント、ネットワーク通信、情報システムの必要性が増大し、走る機械から電子情報機器へと変貌を遂げました。現在の一般的な自動車には約100個のプロセッサが搭載されています。 車載システム分野では、安全性と信頼性を維持するために、発熱を抑えながら性能を完全な状態に維持することが必要不可欠であるため、イマジネーションの低消費電力で高性能な技術的能力が重要な差別化要因になります。

MIPS: MIPS CPUおよびMCUプロセッサ群は、コンビニエンスシステム、リモートセンサ、ステアリングおよびサスペンション制御、エアバッグ、ABSブレーキ制御、最新の衝突警告システム、エンジンおよびトランスミッション制御、マルチメディアコンバージェンス、運転席での集中制御など、さまざまな自動車向けアプリケーションに対応しています。

PowerVR: PowerVRグラフィックスは、純正カーナビ、市販カーナビ、PNDを問わず、ナビゲーション、エンターテインメント、ダッシュボードのグラフィックスの性能アップを実現するために重要な役割を果たすテクノロジーです。多くの場合、PowerVRの映像および画像処理はPowerVR GPUの計算能力と組み合わせて実行され、カメラのリアルタイム画像の捕捉と処理を可能にするキーテクノロジーによって、衝突回避、車線認識、夜間視界の向上、自動駐車システムなどの高度なドライバーアシスト機能を実現します。

Ensigma: Ensigmaは高度な通信機能と接続性能によって幅広い通信規格と接続方式に対応し、クラス最高のワイヤレス機能と組み合わせて、デジタルラジオ、カーエンターテインメントシステム、車載アンテナに搭載され、高度な双方向通信を実現するワイヤレス車載ネットワークを構築できます。

検索