PowerVRレイトレーシング

PowerVRレイトレーシングは、世界中の先進的なモバイルGPUに光速のレイトレーシングをもたらす、革新的なテクノロジーです。市場の流れを変えるこの機能によって、息をのむようなリアルさが実現するとともに、開発者とコンテンツクリエイターのワークフローもシンプルなります。

PowerVR Wizard GPU

PowerVR Wizard GPUファミリは、高度に最適化され最も効率性の高いPowerVRレイトレーシングテクノロジーの実装を提供します。 PowerVR WizardグラフィックスIPプロセッサは、これまでモバイルサイズでは達成できなかった先進的な照明効果、動的なソフトシャドウ、実世界に近い反射と透過を備えた現実的なダイナミック照明モデルによって、さらに夢中になれるゲームやアプリを実現します。

PowerVR Wizard Ray Tracing GPU IPプロセッサは大幅にスケーラブルで、モバイルからハイエンドまで多くの市場を動かす製品となっています。

PowerVR Wizard GPUはPowerVR Series6XT RogueグラフィックスIPプロセッサにレイトレーシング機能を追加したもので、パイプラインに顕著な新機能を追加して、完全に動的な照明や影のリアルタイムなモデリングを実現します。

開発者がすでに習熟し、愛好しているPowerVR Rogueアーキテクチャの機能がすべてWizard GPUに盛り込まれているため、新機能を幅広く学ばなくてもレイトレーシングを使い始めることができます。

PowerVR Wizardの先進的なアーキテクチャによって、複数のレイトレーシングエンジンとシェーダが同時に動作し、実世界に近い持続的なパフォーマンスをレイトレーシングとシェーディングの両方で確保できます。

Wizardのレイトレーシング向けのすべてのCPUは、OpenGL ES 3.x、OpenGL 3.x、Direct3D 11 Level 10_0、OpenCL 1.x、OpenRL 1.xなどの幅広いAPI向けに先進的なサポートを提供します。

レイトレーシングの使用例

レンダリングにおけるPowerVR Ray Tracingの主な用途は、光の伝搬のシミュレーションを正確に行うことです。3Dグラフィックスにおいてサーフェスのレンダリングとは、シーンがどのくらいカメラから見えるかに着目することです。 光の物理的特性が影響するため、正確でリアルなレンダリングにはサーフェスの特性だけでは不十分で、シーン全体の特性を知る必要があります。

レイトレーシングは、光に関する本質的な理解が得られる強力なツールです。したがって、一部の効果は先進的なラスター技法を使用するよりも、レイトレーシングで計算した方が効率的です。

以下の例は、レイトレーシングの最も一般的な用途の一部を示します。

事前ベイク済み照明

現代のレイトレーシングで最も一般的な用途は、ライトマップまたはライトプローブの形による事前ベイク済み照明のサポートです。PowerVRレイトレーシングを活用すると、ライトマップをリアルタイムに近い速度でベイクできます。

Unity 5は、PowerVRレイトレーシングテクノロジーに基づくリアルタイムライトマッププレビューをエディタに搭載した初めての開発プラットフォームです。 グローバルなイルミネーションライトマップの変更に対してほぼ同時にフィードバックし、最終的なゲームにおける照明の見え方をエディタのシーンビューで正確に表示できます。

このテクノロジーにより、アーティストはバックグラウンドで最終的なライトマップの更新やベイクが行われている間に、面の見映えを繰り返し調整して洗練させることができ、シーンに芸術的な調整を加えるために必要な時間が劇的に短縮されます。





ハイブリッドレンダリング

さらに、ハイブリッドレンダリングシステムを作成することもできます。このシステムでは、可視/不可視の判断にはインクリメンタルスキャンラインを使用しますが、レイトレーシングを選択的に追加して特殊効果を実装できます。

この方法は、可視ピクセルのみがレイをキャストできるという事実を利用しますが、開発者が選択したオブジェクトにのみレイキャスティングを行えるということは、すなわちエフェクトの使い方やレイの予算の使い道を容易にコントロールできるということでもあります。また、既存のゲームエンジンのランタイムにもきわめて容易に組み込めるため、ワークフローが維持され、すべての既存ゲーム資産に対するこれまでの投資も無駄にはなりません。

OpenRLハイブリッド例のダウンロード

コンテンツ制作ツール

Visualizer for Mayaは、シーンを繰り返し洗練させる作業にかかる時間を削減します。3Dアーティストは、Visualizerで常にオンになっているレイトレーシング済みビューポートを使用して、モデリング、アニメーション、最終レンダリングに至るパイプラインを加速できます。

他のビューポートビジュアライゼーション加速ソリューションと異なり、CausticはMayaとの深くエレガントな統合に注力することで、標準のMayaおよびmental rayツールセット内でリアルタイムに3Dシーンを表示、変更できます。 最終的な画質の高さと、Mayaのネイティブなバッチレンダリング/レイヤレンダリング機能により、Visualizerの用途がさらに広がり、高画質の静止画像とアニメーションされたシーケンスを実現する本格的なプロダクション向けレンダリングシステムとして使用できます。

OpenRLを使用して今すぐPowerVRレイトレーシングによる開発を始める

検索