PowerVR Series6XE GPU

先進のTBDRアーキテクチャの最新の実装は、グラフィックスIP GPUのPowerVR Rogueファミリです。PowerVR Series6XE GPUには、スケーラブルな数のグラフィックスおよび計算クラスタが搭載され、動きの激しい市場でさらに多くの範囲の要件に対応するように設計されています。シェーダクラスタを組み合わせることで、PowerVR Rogue GPUは、最低限の消費電力と帯域幅でクラス最高性能のグラフィックス能力とGPU演算能力を提供します。

PowerVR Series6XE GPUは、面積あたりの最高のパフォーマンスと高効率のフィルレートスループットを実現しているため、モバイル、ウェアラブルなど、初心者向けからミッドレンジまでのさまざまな製品に理想的です。

PowerVR G6050

この新しいコアの高度に革新的な設計は、Rogueにおける最新のアーキテクチャ上の進化を活かして従来の1クラスタから半分のクラスタでソフトウェア完全互換を実現し、OpenGL ES3.0とOpenCLをフルサポートした世界最小のGPUコアを可能にしました。高効率のフィルレートスループットは、モバイル、ウェアラブルなど、さまざまな普及帯の製品に理想的です。

PowerVR G6100

元のコアをさらに更新して最適化を進めたバージョンで、単一のUSC (Unified Shader Cluster)に高性能テクスチャマッピングユニットを組み合わせ、前世代のマルチプロセッサGPUと同等のフィルレート性能を実現します。

PowerVR G6060

このIPコアは、イマジネーションの第2世代ロスレス画像圧縮技術PVRIC2を追加し、G6050のハーフクラスタ設計を強化しています。普及帯のモバイル製品、タブレットおよびフルHDTV、STBなどの製品向けに、領域の縮小と帯域幅の縮減がバランス良く最適化されています。

PowerVR G6110

この単一クラスタのコアはG6100の設計を拡張し、スループットの向上、帯域幅の削減、省電力およびシステムパフォーマンスの改善を実現するPVRIC2技術を追加しています。帯域幅が限られた貴重なリソースとなっている低コストな4KUHD TVやタブレット製品には重要な機能です。

PowerVR Series6XE GPUsの機能

スカラー演算

スカラー演算で、高いALU利用率を達成し、グラフィックスプログラミングをより容易なものとします。

PVR3C™トリプル圧縮

不可逆テクスチャ圧縮(PVRTC)、ロスレス画像圧縮(PVRIC)、ロスレスの形状データ圧縮(PVRGC)を組み合わせて、メモリ帯域幅を削減します。

検索