PowerVR Series6XT GPU

先進のTBDRアーキテクチャの最新の実装は、グラフィックスIP GPUのPowerVR Rogueファミリです。PowerVR Series6XT GPUには、スケーラブルな数のグラフィックスおよび計算クラスタが搭載され、動きの激しい市場でさらに多くの範囲の要件に対応するように設計されています。シェーダクラスタを組み合わせることで、PowerVR Rogue GPUは、最低限の消費電力と帯域幅でクラス最高性能のグラフィックス能力とGPU演算能力を提供します。PowerVR Series6XTファミリの製品は、mWあたりの最高の処理パフォーマンスを提供する設計で、TFLOPS範囲にまでスケーリングし、パフォーマンスと電力効率が重視されるハイエンド機器に対応します。

アプリケーション開発者は、グラフィックスとGPU汎用演算タスクの両方で、これらのGPUが持つ本質的な並列処理能力を活用できます。PowerVR Rogueファミリには、全体的なシステムパフォーマンスの向上、消費電力の削減、メモリ帯域の削減に向けて設計された多くの独自機能が導入されています。

PowerVR Series6XT GPUの機能

PowerVR GX6250、GX6450、GX6650にはそれぞれ2個、4個、6個のシェーディングクラスタが搭載され、洗練されたグラフィックスとGPU計算のパフォーマンスが劇的に向上します。また、PowerGearing™ G6XT電力管理、PVR3C™トリプル圧縮技術の完全サポート、Ultra HDディープカラーサポート、設計最適化キット(DOK)も搭載しています。PowerVR GX6240は面積に最適化された2クラスタ実装で、PVRICとASTCのサポートが削除されています。

スカラー演算

スカラー演算で、高いALU利用率を達成し、グラフィックスプログラミングをより容易なものとします。

PowerGearing™

PowerGearing™で、さまざまな電力消費レベルを管理し、SoCの全体的な電力消費のバランスを取ります。

PVR3C™トリプル圧縮

不可逆テクスチャ圧縮(PVRTCおよびASTC)、ロスレス画像圧縮(PVRIC)、ロスレスの形状データ圧縮(PVRGC)を組み合わせて、メモリ帯域幅を削減します。

検索