PowerVR画像処理

PowerVR Raptor画像処理プロセッサコアは、スケーラブルで高度に構成を組み替えられるソリューションで、他のPowerVRマルチメディアコアを組み合わせて完全に統合された画像処理プラットフォームを形成し、現代のカメラアプリケーションやその他のスマートセンサに必要な電力と帯域を削減できます。

PowerVR Raptorコアは、SoC実装向けに設計された、低消費電力で高度に構成を組み替えられる画像処理信号プロセッサ(ISP)コアです。

Raptorファミリは、CMOSセンサから高品質な画像を生成するために必要なタスクを実行する、フルハードウェアのソリューションを提供します。以下のタスクがあります。

コアを構成して、モバイル、車載システム、監視カメラ、産業用など、幅広いマーケットのニーズに対応させることができます。幅広いセンサ解像度やパフォーマンスにわたってスケーリングできるため、どの市場でも最適なソリューションを達成できます。構成オプションには、複数のカメラを1つのセンサで同時にサポートする機能や、複数のエンコードで解像度も異なる2つの出力をサポートする機能などがあります。また、画像センサのビット深度も幅広く構成できます。

検索