MIPS BusBridge 2

イマジネーションのBusBridge™ 2モジュールは高性能で構成が容易、かつAMBA™ AHBと接続するための低レイテンシMIPSコアインターフェースを備えています。このモジュールは、高性能で合成可能なMIPS32®シリーズのM4K®、4KE®、24K®、24KE™、34K®、74K®、1004K®、および1074K®コアファミリの全モデルをサポートし、任意のAHBバスシステムにコアを容易に統合できます。インターフェースは、半導体メーカー向け、ASIC開発者向け、およびAHBベースシステムへのMIPSコアの迅速な統合を希望するシステムOEM向けに設計されています。

MIPS BusBridge 2モジュールは構成可能で、ユーザーはアービトレーションのない縮小AHBマスタ (AHB Lite)、またはAMBA AHB仕様完全対応のフルAHBマスタを実装できます。縮小マスタオプションは、速度と単純さが一番の課題となるシングルマスタAHBシステム向けに設計されています。マルチマスタのAHBシステムが必要な場合は、スプリット/リトライ応答によりアービトレーションとスレーブの両方をサポートするフルMIPS BusBridge 2構成を選択します。

MIPS BusBridge 2は、コアとAHBバス間のレイテンシが最小になるように設計されています。必要に応じてこのモジュールは、アンレジスタードインターフェース(「レイテンシなし」)として、またはレジスタードインターフェース(タイミング向上のためのレジスタ付き出力)として構成することができます。

ダウンロードとドキュメント

MIPS® BusBridge™ 2モジュールv4.0のダウンロード

ダウンロードにより、
MIPS FTU License AgreementおよびThird Party License Requirementに記載の利用規約に従うことに同意します。

MIPS® BusBridge™ 2モジュールの正誤表v1.03
MIPS® BusBridge™ 2モジュールユーザーマニュアルv2.06

検索